♪・鼠から・米を守って・ネズの番・♪

米袋をネズミが噛まない状況にするのは、いたって簡単です。それは米袋のそばにいるネズミが後ろ足で踏ん張れない状況を作ればいいのです。

用意するもの(ホムセンターで購入)

米袋の平置き面積より小さい厚手の板やベニヤ板またはスノコなど(これらの板の角で米袋を破らないように)
その厚手の板やベニヤ板またはスノコを乗せる20センチ以上高い脚として木材やブロックなど丈夫なものを用意

(例)厚手のベニヤ板と脚用プランター2個
DSC00016DSC00017

底の厚手ベニヤは米袋より小さく一番上の薄手ベニヤは米袋より大きなものを
DSC00033DSC00025

スノコ台とネズミが噛めない米袋の保管状況です。
DSC00019DSC00022


ネズミが噛むことができる米袋の保管状況です。
DSC00040DSC00044

大きな〔ネズの番〕のネズミ忌避構造例です。
ハッシィ米袋用ネズミ嫌 006ハッシィ米袋用ネズミ嫌 008


米袋は壁から10センチくらい離してください。もし器用なネズミがいて(笑)・・米袋を噛むことがあれば、置き場所を移動してみるのも一つの方法です。

         〔米が3年保つ米袋屋〕 j88.jp