柿渋ハッスイ米袋の米ブログ

米袋を超えた米袋の米ブログ、柿渋ハッスイ米袋の歴史物語〔人物名は仮名〕

ハッスイ米袋

【4話】ハッスイ袋で花球根を輸出

   〔ハッスイ米袋第4話〕
日本の花球根を事業として輸出を試みたが、途中の湿度と高温で芽が出たり腐ったり失敗続き・・・昭和37年に山本一郎ハッスイ袋で輸出を試みたところパーフェクトであったとアメリカより表彰された。
山本一郎はその年の11月3日、文化の日をもって発明功労による最高表彰の金杯を授かる。

この米袋は米袋の中の米袋で米袋を超えた米袋 http://j88.jp/
 
 

昔の新米はおいしかった

♪・叶うなら・昔の新米・腹一杯・♪



昔は稲刈りをしたあと
ハザカケして風と太陽光で自然乾燥させてから、脱穀籾スリをして水車のウスで白米にしておりました。
今はすべて機械化による粗熱でその新米の本来の美味しさは半減しておりますが、それでも米は新米が一番おいしいのです。その新米の味を一年中提供できるのがこの
ハッスイ米袋なのです。
       米が3年保つ米袋屋 
http://j88.jp/

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ