柿渋ハッスイ米袋の米ブログ

米袋を超えた米袋の米ブログ、柿渋ハッスイ米袋の歴史物語〔人物名は仮名〕

ハッスイ米袋

【11話】柿渋ハッスイ米袋の欠点と電気保冷庫の欠点

 〔ハッスイ米袋第11話〕

◎玄米保存用柿渋ハッスイ米袋の欠点
玄米を常温で新鮮呼吸(ガス交換)させながら余分な湿度を吸収させない柿渋ハッスイ米袋は、玄米の新鮮度合がそのまま長期間持続する。しかしこの柿渋ハッスイ米袋に入れる時々の個々の玄米の状態とか、個々の取り扱いや置き場所等の人為的不可抗力でそれぞれの不具合結果が違い、害虫やカビ(実はカビではない)や玄米変色等の見た目の不具合が出ることもある。特に夏は玄米の呼吸が盛んになり美味しい香りを出すので、普通の紙米袋よりも柿渋ハッスイ米袋の方が害虫に狙われやすい。これらが柿渋ハッスイ米袋の柿渋ハッスイ効果により、米の美味しさが長期にわたり持続するゆえの最大の欠点となる。
(ハッスイ米袋は耐用年数0の消耗品)

◎玄米保存用電気保冷庫の欠点
①電気で温度を下げると庫内は乾燥状態になる。
②庫内の乾燥により玄米は過乾燥状態となる。
③玄米の過乾燥を防ぐため水分加湿機能がいる。
④水分を加湿すると庫内温度はますます下がる。
⑤庫内温度が下がらないように暖房機能がいる。
⑥暖房による温度調節で庫内は多湿水分となる。
⑦庫内の多湿水分を庫外に排出する機能がいる。

これらの相反する機能をコンピューターで制御する技術は非常に難しく、またコストも高くなるので、現在でもこのような各種機能を備えた玄米専用保冷庫は存在しない。
したがって今販売されている玄米専用保冷庫とは、冷やし過ぎてはいけない新鮮玄米のために、庫内温度を(13°~15°平均)に調節した普通の冷蔵庫である。そのかわり庫内温度の調節により、玄米や白米も含めて、ご飯など酸化しやすい他の食品も短期保存ができるという利点がある。
しかし夏場に保冷庫から出した過乾燥玄米はその外気との温度差で一気に結露水分を吸収し、ストレス軟弱米となる。そして常温外気にふれることで、すぐに食味の劣化や不具合が始まる。
これが玄米用保冷庫または玄米用低温倉庫の玄米を冷やし呼吸を抑える事こそが欠点となる。
(玄米保冷庫の法定耐用年数は6年)

現在、玄米の新鮮度を長期間保持する玄米用保冷庫や、JAまたは国が保有する玄米用低温倉庫よりも、この電気がいらない常温保存の柿渋ハッスイ米袋の方が、玄米の新鮮度を長期間保持する能力が格段に優れている事がわかる。
〔他にある米保存方法で、米の呼吸を止めた密封方式の長期保存米については論外となる〕

この米袋は米袋の中の米袋の米袋を超えた米袋 j88.jp

【10話】ハッスイ米袋の継承者との出会い

 〔ハッスイ米袋第10話〕
昭和53年、資金ショートに陥った
山本一郎は、発明協会会員の高橋二郎(仮名)に相談をもちかけた。当時、高橋二郎は貿易商社N物産の若手社員であった。結果、N物産より資金の調達がなされる。その交換条件としてハッスイ米袋の基本となるハッスイ紙の製造ノウハウや特許内容などハッスイ技術のすべてを高橋二郎に伝授した。その高橋二郎はアメリカからこのハッスイ紙を使って、アーモンドや木の実の保護用材を製造するように依頼を受けて輸出することになった。そこで山本一郎ハッスイ米袋の手作業製造と国内向けハッスイ紙製品の研究開発に専念することとなった。

この米袋は米袋の中の米袋の米袋を超えた米袋 j88.jp

最大級パワースッポット

♪・機械化の・大量生産・願をかけ・♪

ハッスイ米袋
発信の当地、高砂にある最大級パワースポットの鹿島神社をご案内いたします。鹿島神社(地元の村の管理)は、昔から一願成就で有名なパワースッポットです。昭和48年ごろその一願成就のパワーにふさわしい世界最大級のヒノキ鳥居を建立しようと世界中木材を探しましたがもちろん日本にはなく台湾で巨大なヒノキ(台湾ヒノキ)を発見しました。しかし当時、地元の村の予算が少なくその購入価格に躊躇している間に台湾ヒノキが国有化(国宝)されて輸出禁止になってしまいました。それから苦節二十数年の平成十年に世界最大級のチタン鳥居は完成いたしました。
   世界最大級のチタン鳥居
DSC00428


この台湾ヒノキの関係で逆に台湾との親交が深まり、その後に台湾大理石で世界最大の狛犬の制作を依頼しました。天然大理石でこの大きさのものはほとんどにヒビ、スジ、キズがあるものですが、奇跡的にまったく無傷の台湾白大理石の原石が見つかりました。それを台湾の人間国宝である彫刻家が見事に彫り上げ、このような雄大で美しい狛犬となりました。そして今では鹿島神社参拝の人々を静かにお迎えしております。(写真左の阿形の狛犬の口の中には自由に動く大理石の玉をくわえております)
   最大級!台湾大理石の狛犬
DSC00434


一つの願い事は必ずかなうことで有名な鹿島神社です。ミズホの場合一つの願い事がかなってからまた次の一つの願い事をして今ま三度かなって実現したように思います。今は四度目の願い事としてハッスイ米袋の機械化大量生産の実現に願をかけております。もちろんミズホの努力が最大条件とはなりますが・・・・・
   一願成就の本殿と参道
DSC00435DSC00431

                 〔米が3年保つ米袋屋〕  j88.jp

ハッスイ米袋の取り扱い方法

♪・・柿渋紙・米が喜ぶ・健康着・・♪
         
(ご注意)
新袋の表面は柿渋硬質仕上げで裂けやすく初めて袋の口を開ける時のみ丁寧にお取扱いください!
(以後は柔軟になり柿渋強度が発揮されます)
玄米は従来の米袋から出して裸でハッスイ米袋に入れ(入れ過ぎ厳禁)米袋内の空気を抜いて下さい。

(玄米を裸で米袋入れる) (米袋内の空気を抜く)
DSC00008DSC00014

米袋の口の折り目線側に3回以上平帯状にキッチリと折って両端の袖ヒモを中央に寄せ曲げて下さい。

(3回以上平帯状に折る)(米袋両袖ヒモを中央に)
DSC00015DSC00019

片方のヒモをグルグル2回巻いてから1回のチョウチョ結びでキッチリとくくります。

(片方のヒモ2回巻き)  (両端1回で結び切る)
DSC00255DSC00258

白米用米びつとして使う場合は米袋から白米の出し入れを手早くします。米袋の白米が減った分、米袋内の空気をなくすための何回も平帯状にしっかり折って両ヒモを中央に寄せ曲げて、③図のようにくくり保管をします。そして空になった米袋は袋内に残った粉などを清潔な乾いた布やタオルなどで掃き出して1日天日に干し日光消毒してから再使用します。

(白米が減った分数回折る)(1日天日に干しで再利用)
DSC00259DSC00283

害虫やネズミでハッスイ米袋に穴が開いたり、ハッスイ米袋の取り扱い等でその表面にスリキズや破損があるハッスイ米袋はもちろんのこと、3年ほど何回も使用して袋全体(特に袋口)が弱ってきたハッスイ米袋は、新しいハッスイ米袋に交換してください。お米のためには安心安全です。
(ハッスイ米袋は単なる消耗品です。)

♪・玄米の・取り扱いに・ご注意を・♪
玄米を電気保冷庫で保存するよりハッスイ米袋で常温保存する方が玄米は喜びます。又玄米を電気保冷庫から柿渋ハッスイ米袋に入れ替える時期は、湿度が上昇してくる梅雨までか、なるべく外気温が20度を超えない寒い時期を選んでの入れ替えが最適です。いわゆる柿渋ハッスイ米袋に入れた時々の味がそのまま持続しますので、出来れば最初から新米の玄米を入れられるのが理想です。
                 
           〔米が3年保つ米袋屋〕 
http://j88.jp



【5話】ネズミが噛まない不思議な米袋

   〔ハッスイ米袋第5話〕
ここに面白い話がある。
当時、
ハッスイ米袋が「ネズミが噛まない不思議な米袋」として新聞に掲載された事がある。
それを見た経営の神様といわれるM電器のM社長より
山本一郎へ直接連絡があり「お互い共同でネズミが噛まない商品の研究をしませんか」との誘いを受けたが山本一郎は「道が違うので」とキッパリ断った。

(状況でネズミが噛む場合があります)


 この米袋は米袋の中の米袋の米袋を超えた米袋 
http://j88.jp/

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ