柿渋ハッスイ米袋の米ブログ

米袋を超えた米袋の米ブログ、柿渋ハッスイ米袋の歴史物語〔人物名は仮名〕

昔の新米はおいしかった

♪・叶うなら・昔の新米・腹一杯・♪



昔は稲刈りをしたあと
ハザカケして風と太陽光で自然乾燥させてから、脱穀籾スリをして水車のウスで白米にしておりました。
今はすべて機械化による粗熱でその新米の本来の美味しさは半減しておりますが、それでも米は新米が一番おいしいのです。その新米の味を一年中提供できるのがこの
ハッスイ米袋なのです。
       米が3年保つ米袋屋 
http://j88.jp/

コウノトリ米

優しさと・愛情こめた・米づくり


ミズホから北へ車で1時間くらいのところにコウノトリで有名な豊岡市があります。
そこはJAたじまの職員と農家の皆さんが、農薬や化学肥料を一切使わずコウノトリのエサになる生き物を育む農法を確立しました。
そこで作ったコウノトリ米が美味しいのでまた有名になりました。

      〔米が3年保つ米袋屋〕 http://j88.jp






QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ