〔ハッスイ米袋第13話〕
普通の米袋に手作業で柿渋ハッスイ加工の方法を考案する。
平成5年、高橋二郎はこのハッスイ紙事業の、すでに市場で莫大な需要がある柿渋ハッスイ米袋の製造に専念するために長年勤めた貿易商社のN物産を退職し個人事業を発足させた。そこでまず市販の米袋の表面に手作業で柿渋ハッスイ加工をする製造方法を考案し、米袋メーカーに米袋製作を依頼したが米袋業界の販売競合商品になるとのことで米袋の製作依頼に難色を示した。
普通の米袋を製造してもらうために柿渋ハッスイ保管庫を発明。
そこで平成7年に高橋二郎は柿渋ハッスイフィルターを使った柿渋ハッスイ保管庫を発明した。(それに柿渋ハッスイ米袋をサービス品として添付)それが各新聞雑誌に掲載された。

(穴あき鋼板型はBベルトのOEM商品として全農を通じて農協ルートで販売)
DSC00154DSC00151















(積み上げコンテナ型はY農機のOEM商品としてY農機ルートで販売)
DSC00148
 












柿渋ハッスイ保管庫と柿渋ハッスイ米袋が学会発表となる。
平成9年高橋二郎は柿渋ハッスイ保管庫と柿渋ハッスイ米袋について日本で農業(特に米)に詳しいT大学のK教授に出会い性能研究の依頼をする。

             〔結果〕
(平成10年学会発表)電気保冷庫と同等の食味で古米臭や害虫は認められない。
(平成11年学会発表)夏期でも玄米の脂肪酸度の上昇を抑えると考えられる。
(平成12年学会発表)ハッスイ米袋内のガス環境が玄米の脂肪酸度上昇抑制に影響すると考えられた。
柿渋ハッスイ保管庫と柿渋ハッスイ米袋の登場で業界は大激震!
業界A社からB公的機関を通じてC県全農に対して山本一郎なる人物はもとから存在しないとの抗議文が出された。これに対して高橋二郎は証拠書類を提出し全面撤回をさせた。

柿渋ハッスイ保管庫の販売形態。
この柿渋ハッスイ保管庫はBベルトのOEM商品として全農を通じて農協ルートで販売される。また別デザインでY農機のOEM商品としてY農機ルートで販売される。

柿渋ハッスイ保管庫は電気がいらない常温保存の玄米用保管庫として大変話題になり、製造数量的に地域限定での販売ではあったが、今人気の玄米用電気保冷庫をはるかに超える販売台数で供給が不可能となり柿渋ハッスイ保管庫の製造を終了。それに代わり同じ保存能力で簡素な柿渋ハッスイ米袋30kgの手造り製造に移行した。
 


この米袋は米袋の中の米袋の米袋を超えた米袋  j88.jp