♪柿渋で・米の芸術・寿司のシャリ♪
♪新米は・使いたくない・寿司のシャリ♪

(シャリの美味しさで寿司の美味しさが決まる美味しさの基本割合)
[シャリ5割・ネタ3腕2が・美味い寿司]

(高砂のお寿司屋さん)                (穴子の白蒸し握り)

DSC00107
DSC00089
(マスターのお話)

お寿司が美味しい一番の基本はお米です。当店では寿司用のお米はほとんど古米を使います。それは新米を炊くとお酢が中まで浸透せず表面でベチャついて美味しくないからです。ですから新米をわざわざ冷蔵庫で1年間保存して古米となったものを、寿司飯として使っておりますが、このたび特別に、柿渋ハッスイ米袋で保存した、古米、古々米でお米を炊くと、それぞれお酢がよくなじんで余分な粘りもなく新米の甘みがそのまま感じる寿司飯になり大変驚きました。本当にこの柿渋ハッスイ米袋は日本のお寿司のために生まれたように思います。また当地の高砂は、昔から穴子が有名です。特に穴子の白蒸し握りが当店の一番人気となっております。

日本料理は世界に誇る食の芸術といっても過言ではありません。今は世界中に広がったお寿司に代表されます。またその基本が、育てる芸術作品といわれる日本のお米です。そしてそれらを支えるのがこの柿渋ハッスイ米袋となります。


                            〔米が3年保つ米袋屋〕 j88.jp