柿渋ハッスイ米袋の米ブログ

米袋を超えた米袋の米ブログ、柿渋ハッスイ米袋の歴史物語〔人物名は仮名〕

【7話】米が3年以上保つ米袋の実証

  〔ハッスイ米袋第7話〕
昭和47年、日本栄養士会と県の栄養士会86名が3年2ヵ月経過した実に古い米を試食した結果についての報告である。
 

〔使用した容器について〕
ハッスイ性特殊米袋は食糧庁長官名で許可済みのもの
(食糧庁長官が全国の食糧事務所長宛に使用許可の通達を出したハッスイ米袋

〔使用した米について〕
試験研究用として3等うるち米を食糧庁長官名で売却許可されたもの
(食糧庁長官が政府米を試験研究用として発明家の山本一郎に売却を許可)

【結果】

  ①おいしかった                 11名
  ②普通                      41名
  ③おいしくなかった               34名
  ④まずい又はまずくて食べられない      0名

新米であっても①~③のように食味プロの見解が分かれるところではあるが、従来の紙米袋で梅雨と暑い夏を3度も経験した米についてはほとんどが(④まずい又はまずくて食べられない)という結果になる。このように古古々米を全員が完食したのには驚きであった。


【米の新鮮さと美味しさの維持には、米の適正水分含有率の持と、米の新鮮呼吸こそが味の命
♦米を知り尽くした日本伝統の世界最高新鮮保存技術♦


この米袋は米袋の中の米袋の米袋を超えた米袋 
                             http://j88.jp/

【6話】食糧庁許可の意味

  〔ハッスイ米袋第6話〕
日本国内で初めてハッスイ米袋を使用したのは、高知県経済農業協同組合連合会(高知県経済連)であった。その高知県経済連においてこのハッスイ米袋は他社製品(撥水紙袋)のものと厳重なる比較実験を実施したところ格段に優秀であることが確認されたということで、高知県経済連の会長名で、当時の全農、食糧庁、日本穀検に撥水紙袋の代表としてハッスイ米袋の採用を申請、そして全農の会長理事名でハッスイ米袋の成績書等を添付の上、農林省〔旧)食糧庁〕に使用許可の申請書を提出した。それに対して昭和40年に食糧庁長官名で全国の食糧事務所長宛に使用許可の通達が出された。

   【食糧庁長官通達】
当該撥水紙袋は現行の企画に該当するものと解せられるので使用して差し支えない。

この米袋は米袋の中の米袋の米袋を超えた米袋 
http://j88.jp/

巨大オーパーツ大発見

♪・・高砂に・世界遺産か・未登録・・♪
     〔十月は生石神社の秋祭り〕

(高砂の巨大パワースポットで古代からある謎の浮石)
DSC00133DSC00228DSC00195

(有史以来初めてミズホが撮影に成功した水無し浮石)


ミズホの近くに古代より巨大パワースポットがあります。それはキューブ型の人工巨石が池中の水に浮いた状態で存在します。この巨石を浮石と言い実際水に浮いているのか水中の岩盤土台と一体なのかは謎でしたが今回この有史以来涸れたことのない浮石の水が突然消えた状態にミズホは偶然出くわし、その歴史に残る水涸れ浮石の撮影に成功しました。その実姿は浮石と岩盤土台の一体でもヒビ(浮き)分離でもなく、なんと平の岩盤土台に巨大な人工浮石を乗せたオーパーツ技術が現れたのです。

現在ミズホが作る柿渋ハッスイ米袋も当初,柿渋と言う言葉は極秘であってハッスイと登録表示しておりましたが,今では柿渋を表現し特許も取得。
しかしその製法の難解さから現代のミニオーパーツとなっております。この日本文化の柿渋パワーで1年中新米の味の米を世界中に輸出することが可能。ミズホは今後、日本の米農家が大躍進する革命的な提案をしていきます。

TPPに勝利する!柿渋ハッスイ米袋

今、一年中一番美味しい新米の味精米したての味白米を、日本はもちろんのこと、世界中に届けられるのは、実はこの柿渋ハッスイ米袋だけなのです。
         
            
             〔米が3年保つ米袋屋〕
http://j88.jp/

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ