柿渋ハッスイ米袋の米ブログ

米袋を超えた米袋の米ブログ、柿渋ハッスイ米袋の歴史物語〔人物名は仮名〕

寿司米の極みは柿渋ハッスイ米袋

♪柿渋で・米の芸術・寿司のシャリ♪
♪新米は・使いたくない・寿司のシャリ♪

(シャリの美味しさで寿司の美味しさが決まる美味しさの基本割合)
[シャリ5割・ネタ3腕2が・美味い寿司]

(高砂のお寿司屋さん)                (穴子の白蒸し握り)

DSC00107
DSC00089
(マスターのお話)

お寿司が美味しい一番の基本はお米です。当店では寿司用のお米はほとんど古米を使います。それは新米を炊くとお酢が中まで浸透せず表面でベチャついて美味しくないからです。ですから新米をわざわざ冷蔵庫で1年間保存して古米となったものを、寿司飯として使っておりますが、このたび特別に、柿渋ハッスイ米袋で保存した、古米、古々米でお米を炊くと、それぞれお酢がよくなじんで余分な粘りもなく新米の甘みがそのまま感じる寿司飯になり大変驚きました。本当にこの柿渋ハッスイ米袋は日本のお寿司のために生まれたように思います。また当地の高砂は、昔から穴子が有名です。特に穴子の白蒸し握りが当店の一番人気となっております。

日本料理は世界に誇る食の芸術といっても過言ではありません。今は世界中に広がったお寿司に代表されます。またその基本が、育てる芸術作品といわれる日本のお米です。そしてそれらを支えるのがこの柿渋ハッスイ米袋となります。


                            〔米が3年保つ米袋屋〕 j88.jp

【12話】ハッスイ米袋の危機〔その2〕

 〔ハッスイ米袋第12話〕
山本一郎
は昭和15年に会社を設立してハッスイ紙事業の研究開発製造を続けていたが資金が続かずに昭和57年に会社が倒産した。しかしながら以後もそのまま個人事業としてハッスイ米袋の手作り製造と特に人体の健康と安全(乳幼児、老人、病人に優しい)となるハッスイ紙製品の研究開発を続け、防虫性、防カビ性等の公的機関の実証及び各関連団体の実証と推薦をとりつけていった。
食品用紙袋として
①国立衛生研究所所長名で安全の証明
撥水性紙袋(柿渋ハッスイ紙使用)の無公害証明をうける。
呉服保管用たとう紙として
①A県美容業事業環境衛生協同組合理事長名で推奨
呉服保管用たとう紙(柿渋ハッスイ紙使用)は、防カビはもとより、防湿性、防虫性において品質並びに性能ともに極めて優秀でありましたのでここに推奨し之を証明いたします。(M百貨店独占採用)
洗濯衣服の長期保存用紙として
①B県ドライクリーニング協同組合理事長名で推奨
衣類の保管用として防カビ、防虫、防湿において品質性能ともに極めて優秀でありここに推奨し之を証明します。
畳の防虫防カビ養生紙として
①日本高周波畳協会会長名で実証
ハッスイ紙(柿渋ハッスイ紙)による畳のカビ及び畳表の日焼け防止テストで畳の養生として効果的であると考えられます。
②C県労働者住宅協会理事長名で推奨
③C県畳床組合長名で推奨
ハッスイ紙(柿渋ハッスイ紙)による畳の防虫、防カビ、日焼け防止等、品質性能ともに極めて優秀でありましたのでここに推奨を認定いたします。
④D県保健衛生組織連合会長名で推奨
ハッスイ性特殊畳等下敷き(上敷き)紙(柿渋ハッスイ紙)について推奨を認定します。
⑤日本環境衛生センター理事長名で証明
畳床用防虫加工紙(柿渋ハッスイ紙)としてケナガコナダニに対する繁殖抑制には十分な効力を示すものと推察された。(昭和60年に住宅都市整備公団の指定商品となる)
屋根瓦やモルタル壁下地材として
①E県立工業試験場長名で実証
健康と安全を基礎とした呼吸する屋根瓦の下地ルーフィング材(柿渋ハッスイ紙)、またモルタル壁下地フェルト材(柿渋ハッスイ紙)としてJIS-A-1407に準ずる。(製品化に成功し販売を開始)

◎柿渋ハッスイ米袋に第2の危機が
このようにハッスイ紙事業は食品業界、呉服衣料業界、建築業界等にますます拡大していく状況であったが、昭和64年1月(平成元年)に
山本一郎が突然急逝した。(昭和63年10月20日の郵便局消印で高橋二郎あて全資料を送ったとの書簡が残っている)

 この米袋は米袋の中の米袋の米袋を超えた米袋 j88.jp

米のカビ・米の害虫・米袋

♪・・青い空・黄金の水穂・彼岸花・・♪
〔千種高原の風景〕
DSC00071DSC00061
日本名水100選に選ばれた兵庫県の千種川。そしてその上流に位置する千種高原では、水の美しさと高原特有の昼と夜との寒暖の差が大きいために、収穫の秋には大変おいしいお米がとれます。

♪・・害虫や・カビが嫌がる・米袋・・♪
〔千種高原で代々農業を営むYさん58歳(元農協職員)の話〕
DSC00077DSC00079
自家保有米用としてこの柿渋ハッスイ米袋を毎年使い続けて10年になりますが、一番驚いたのはカビです。普通の米袋で梅雨を過ぎると玄米にカビがきて固まる場合があります。しかしながらこの柿渋ハッスイ米袋は袋の表面でカビを食い止めますので、袋の中の玄米はいつもサラサラしてよい香りがします。またときたま柿渋ハッスイ米袋の表面にカビがビッシリ生えてビックリしますが、乾いたタオルではたけば簡単にとれます。それから害虫が柿渋ハッスイ米袋の中からの発生することは少なく、ほとんどが外部から侵入して発生しますので、お米の出し入れに特に注意をし、あと通気性のある置き場所や柿渋ハッスイ米袋の取り扱いには気をつけています。普通の米袋の場合は米袋の中の玄米から害虫が発生することが多いです。その普通の米袋に入れた玄米に害虫が発生した場合それを白米にしても米は劣化していて不味くなっております。この柿渋ハッスイ米袋でも過去に3袋ほと害虫が発生しました。その玄米をビニールシートに薄く広げて日光に短時間あてたり手で取り省いたりした後で白米にして食べましたが、その米はまったく劣化していなくて美味しかったのにはビックリしています。

         〔注意〕
柿渋ハッスイ米袋は呼吸をして湿度を調整する常温保存の特殊な米袋です。
梅雨すぎから夏前での外気温が上昇する時期に、
柿渋ハッスイ米袋内の玄米の水分含有率が16%近くにありますと、柿渋ハッスイ米袋の内部からであっても害虫やカビが発生して不味くなる可能性があります。

           〔米が3年保つ米袋屋〕
 j88.jp
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ