柿渋ハッスイ米袋の米ブログ

米袋を超えた米袋の米ブログ、柿渋ハッスイ米袋の歴史物語〔人物名は仮名〕

【2話】天才発明家の戦後

  〔ハッスイ米袋第2話〕
戦後、山本一郎は発明協会会長等を歴任し企業の発明振興に助力しながらこの防湿性撥水性の技術に加え強靭性を有した包装フィルターの研究に着手する。そして昭和29年製法特許を取得、全国優秀発明名鑑に登載される。

この米袋は米袋の中の米袋の米袋を超えた米袋  j88.jp

コウノトリ米

優しさと・愛情こめた・米づくり


ミズホから北へ車で1時間くらいのところにコウノトリで有名な豊岡市があります。
そこはJAたじまの職員と農家の皆さんが、農薬や化学肥料を一切使わずコウノトリのエサになる生き物を育む農法を確立しました。
そこで作ったコウノトリ米が美味しいのでまた有名になりました。

      〔米が3年保つ米袋屋〕 http://j88.jp






【1話】ハッスイ米袋の生みの親

  〔ハッスイ米袋第1話〕
ハッスイ米袋の生みの親は、明治39年生まれの天才発明家、山本一郎(仮名)であった。
戦前の山本一郎はそれまで不可能とされていた、防湿性撥水性の電波兵器用カバーを発明し、昭和16年4月29日の天長の圭節にあたり当時、現人神といわれた天皇陛下より金一封ご下賜の光栄に浴する。

この米袋は米袋の中の米袋の米袋を超えた米袋 j88.jp
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ