柿渋ハッスイ米袋の米ブログ

米袋を超えた米袋の米ブログ、柿渋ハッスイ米袋の歴史物語〔人物名は仮名〕

【第15話】検査用柿渋撥水米袋(旧食糧庁の許可実績を有する。現在は廃止)

[ハッスイ米袋第15話] ・・・完結編・・・
♦等級別検査用柿渋撥水米袋
①常温で長期間品質を保持するので今の大型低温倉庫が不要となる。
②常温で取り扱えるために運送や流通間の品質劣化を防げる。また海外への米の輸出が可能となる。
③旧食糧庁許可実績(現廃止)の米麦用撥水紙袋なので国の備蓄米(約100万トン)に使用される。
④新米を入れる年度1回限りの米袋となる。

♦自家保有米用柿渋撥水米袋
①今までの玄米用電気保冷庫は全く不必要となる。
②玄米の常温保存で1年中新米の味が味わえる。
③柿渋撥水米袋は玄米の長期保存や流通が可能。
④柿渋撥水米袋が空になれば1日の天日干しで再使用が可能となる。

柿渋撥水米袋は世界で初の経年によるネバリの少ない常温熟成米となるので、日本の寿司米には最高の熟成米となり、炊き込みご飯や炒めご飯にもダシがよく浸透する別格の米となる。
また海外の米料理によく使われるネバリのないインディカ米に代わる日本の経年ジャポニカ米(新米味)として世界中への輸出も可能となるのがこの21世紀の柿渋撥水米袋である。

みずほ産業株式会社 http://v21.co.jp

柿渋撥水米袋30kg用を使った感想

♪新米味・年中食す・母米寿♪
♪青ざめる・玄米保冷庫・青柿に♪

[兵庫県在住Yさん61歳(元農協職員)の話]
DSC00688










私が機械で製造された柿渋撥水米袋30kgの試作品を使い始めてから3年になります。それまで十数年来使ってきた手造りの柿渋ハッスイ米袋で気になっていたコトがコレ・・・
①表面が柿渋撥水加工で大変滑りやすかった。
②表面のひっかけ傷やスリ傷で効力低下が気になる。
③表面が手作業仕上げのマダラ色で見た目が悪い。
これらチョットしたことですが改良されていて嬉しいです。それから検査用柿渋撥水米袋30㎏用が農協から配布されると聞いておりますが、この歳になっても自分の作った米が年中美味しく、日本はもちろん世界にも届けられると思うとワクワクドキドキ感でいっぱいです。
 みずほ産業株式会社  http://v21.co.jp

【第14話】柿渋撥水米袋30kg用、機械化に成功!

〔ハッスイ米袋第14話〕

①柿渋撥水米袋の機械化に成功!(構造特許)
DSC00613
DSC00613










②玄米が3年以上美味新鮮保存!(製法特許) DSC00641











③自家保有米用の柿渋撥水米袋30kg、平置姿
DSC00586










※柿渋撥水米袋30kg用、機械化生産の成功で 全国の米生産農家や米生産業者への供給が 可能となる。また玄米の長期新鮮保存の観点にたてば今まで日本中で使用されている玄米保冷庫や玄米用大型低温倉庫はすべて不必要になる。このように米の長期保存に限らず米の生産、流通、販売、消費そして世界へ白米の輸出が可能な今、日本の米の大革命が始まろうとしている。[21世紀の米袋]

みずほ産業株式会社 http://v21.co.jp

【柿渋撥水米袋30kg用の小口注文はアマゾン
【柿渋撥水米袋30kg用の大口注文は当HPで
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ